◆未だ検索ヒット数が多いのでエントリ復活します。

◆この記事は、「Movable Type 4.0」以上には適応できるかわからないプラグインを紹介しています。
◆MT4をお使いの方は、MTIfタグを使用することにより、このプラグインを使用しなくても目的の動きを実現できる可能性があります。
——————————————————————————–
ふらふらと探していたら、ありました、ありました。
MTタグを入れ子にできるプラグインがっ!
MT Extensionsさんの、MTTagInvokeというプラグイン。
これはかなり使えるプラグインですね。入れ子タグどんとこーい!ですよ。
使い方は、プラグインをFTPで「plugins」フォルダにアップ。…ほかのプラグインと同じ。
入れ子の記述の仕方は、こんな感じ。

<$MTInclude module="<$MTCategoryLabel$>“$>

<$タグ 属性="値"$>


と、書きたいときは..


$MTCategoryLabel$





もし、入れ子にしたい部分が多い場合は、属性:値をワンセットにして、MTTagAttributeを増やしていく。
入れ子にしなくてもいい部分は、MTTagInvokeの中に、tag_name=”タグ”に続けて、属性=”値”として書いてOK。

.