注目キーワード
NO IMAGE

phpは7.0以上なのにwordpressにphpのバージョンが低いと言われる時の対処方法

久しぶりにWordPressに手を入れました。
実に3-4年ぶりくらいでしょうか。放置しすぎですね・・・

WordPressのバージョンが低すぎて自動アップデートできなかったので、手動でFTPでアップデートしました。

が、ページ上部にまだ「5.3.1にアップデートできます」の文字が。
クリックすると、phpのバージョンが低すぎる(php5.3だと)と怒られ・・・サーバーのphpバージョンを確認するも、ちゃんとphp7.0以上だった・・・のですが、解決したのでまとめます。

仕様

SuZ912.comは、XREAサーバーを使用しています。
今の評価がどんな感じかわからないですが、XREAを使い出した当時は玄人向けと言うか、あんまりサポートがない代わりにハイスペックという印象で選びました。

しかも激安。SSDで100GB使えて月191円。

制約もあまりなく、自由にいろいろ使えて素敵です。
(ただたしか、巡回されてトップページが白かったりすると凍結とかよくあって、フォーラムは凍結された人の書き込みがたくさんあったこともあった)

XREA(エクスリア)

XREA(エクスリア)はユーザー側で自由に設定をカスタマイズできる、高機能なレンタルサーバーです。最新のCPUとSSD搭…

phpバージョンの確認方法

XREAのバージョン確認は、サーバーの新コントロールパネルの「サイト設定」をクリックすると出てきます。

複数のドメインを管理している人は、ここが表のようになっているかと思いますが、

phpの欄が、php70ならphp7.0、php53ならphp5.3を使う設定になっています。

私の場合はここがphp70だったのですが、もしここでphp5になっていた方は「サイト名」をクリックし、水色の「サイト設定の変更」をクリックするとphpのバージョンを変えることができます。

ここで解決するならいいですが、そもそもXREAさん、定期的にサーバーの機能をもりもりあげてくれちゃってまして、あえて特定のphpバージョンを選択していなければphp7台が選択されているのではないかと思います。
なんてったって、ずっと放置していた私のとこがphp70でしたから・・・

にも関わらず、あいかわらずphpのバージョンが5.3だよ!とwordpressに怒られます。
wordpressがphp7.0とか7.3を認識していないなあ、と思いました。

 

対処方法

原因は、XREAがphpをセーフモードで動かす仕様のため、そのままwordpressを使用するといろいろと不具合がでるのですが、
これを回避するためにphpをCGIとして動かすよう、htaccessを設定していたことでした。

どのバージョンのphpを実行するかを、htaccexssの中で指定してあげればよかったのでした。

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

AddHandler application/x-httpd-php73cgi .php

レンタルサーバー CORESERVER(コアサーバー)

コアサーバーのよくある質問「PHPをCGIとして動かす方法について」のご紹介ページです。…